年賀切手、買いに行きます

正しい鑑識眼が求められる切手買取専門店

切手買取専門店には、正しい鑑識眼が不可欠であり、当然のことながら、依頼をする側からもそれは求められることです。総合リサイクルショップと大きく異なるのは、切手買取店は切手の買取に特化しているお店であること、当然ですがそこで勤務をするスタッフは、切手の価値を正しく判断できなければなりません。毎日数多くの切手を査定しているだけに、細かい切手のことまで把握をしていますので、切手の価値を判断する力がありますし、時代の流れを見ながら切手の価値を見極めることができます。切手を売りに出すときには、ギザギザの目打ち部位に欠けがあったり、切り取りがあれば査定額は下がりますし、色あせも査定額を下げる要因です。未使用な切手でも保管をしていた状態が良くて、まるで新品のような美品のような切手であれば、それだけ切手査定での価値は上がります。正確に切手の価値を判断できるのも、数多くの切手を毎日取り扱う専門業者の強みです。